Aisa Wide Communications
◆かんからさんしん◆
ストーリー

太平洋戦争末期、沖縄は米軍の猛爆撃を受け、サンゴ礁の海をみるみる血で染めあげました。津堅島では本土からの応援もなく、最終陣地とされたわずか7・8キロの洞窟に3万の兵士と十数万の民衆がひしめきあっていたのです。
日本兵たちは食物を独占し、さらに避難している人々を追い出そうと射殺したり、集団自決を強要します。守ってくれるはずの日本兵が逆に住民に銃口を向けたのです。もうどこへも逃げ場はありません。
「生きる」ことの意味をサンシンにのせて唄う人々と、沖縄戦の悲惨さがアニメーションによって鮮明に描かれています。

1989年作品/カラー/78分
長編アニメーション映画
学校・図書館用 ¥33,000(税込)*VHS/DVDは同価格。
個人用・VHS/DVD ¥11,000(税込)


 解説  作品情報  沖縄ってどんなところ?  映画に出てくる用語集

HOME
© 2021 H&M Incorporated